子宮内膜症を漢方でケア~辛い症状に効く、漢方のチカラ~

病院

女性特有の悩み

免疫細胞治療は、体の免疫力を著しく高めて病気の進行を食い止めるとして注目されています。がんの三大治療法として最高の結果を期待できますね。

更年期障害の治療

医者と看護師

更年期障害の治療法は大きく分けて3種類あります。ホルモン剤を使った治療と、精神安定剤を使った治療と、漢方薬の治療です。 更年期障害はホルモンバランスの乱れから引き起こされる場合が多いので、ホルモン剤を使った治療が一番効果が高いとも言えます。健康保険が適用され、自己負担分が安いのも魅力的です。 更年期障害は原因がはっきりと特定されない場合が多いですが、自律神経失調症と症状が似ている場合もあります。精神面から来ることもありますので、ストレスや精神的に不安定になる生活は見直す必要があります。ホルモン剤を服用しながら食事療法、カウンセリング、運動療法などを併用することで更年期障害の改善効果が期待できます。

更年期障害の治療を受けるには、検査が必要?

つらい更年期障害ですが、治療を受ければ改善することもあります。「更年期障害かな」と思ったら、まず婦人科の病院やクリニックに行ってみましょう。そこで、いくつかの検査をしてもらえます。 最初は問診で、月経の状態を聞かれますので、最近のことを記録しておくことです。さらに、更年期障害だと思われる症状についても詳しく質問されるので、箇条書きにしておくとよいかもしれません。次に、内診で、膣の状態を調べます。子宮筋腫や子宮内膜症などの有無を調べ、さらに子宮がんの検査もします。エストロゲンの減少で骨粗しょう症になる人もいるので、それも検査します。 その結果、更年期障害だと診断されたら、さまざまな治療を開始します。更年期障害の検査を嫌がる人もいますが、治療すれば不快な症状が緩和されることもあります。治療の相談だけでも、受けてみてはいかがでしょうか?

どんな症状が出るのか

漢方

子宮内膜症と聞いて、ピンと来るという人は少ないかと思われます。子宮内膜症は、子宮外に子宮内膜と似た組織が出来てしまい、腰の痛みや性交痛などさまざまな症状が現れる病気です。

もっと知ろう

なりやすい世代

喜ぶ女性

子宮内膜症は、20代から30代の若い女性によく見られる病気として知られています。子宮内膜症は、なぜ若い世代の女性に多いのでしょうか。その理由を紹介していきます。

もっと知ろう

治療方法

漢方のくすり

子宮内膜症の治療方法には、さまざまな治療方法があります。漢方薬や専用の薬など薬物を使ったものから、外科的施術が伴う治療法までがあるので、症状の程度によって受けるべき治療は変わってきます。

もっと知ろう